What's time is it now?

 facebook 
  関係サイト

 詫間電波工業高等専門学校
 電波通信学科2期生同期会

  サイト・ブログ
  リンク
レーダー・ナウ
紫外線情報

花粉情報
黄砂情報

PM2.5分布

*.以下、管理人専用の項目です。

  パスワード保護をしています。

10,400円/日の作業手当の不発弾処理の仕事を政治家のみなさんに体験の義務化したらいいのでは

 YouTube
【4月23日配信】江崎道朗のネットブリーフィング「保守派よ、今こそ毛沢東に学べ」おざきひとみ【チャンネルくらら】

 江崎道朗さんのコメントを抜粋
 
 橋本さんの話。橋本さんが、前月号(月刊正論)でお花畑日本の中心で徴兵制を語るという話で、結局、
政治家というのは、現場に行かないから他人事で安全保障の事を考えるんだと。
 安全保障のことを本気で考えさせようと思うなら、自衛隊の現場に政治家を行かせた方がいい。

 僕(江崎道朗)の提案しているのは、
沖縄とかなんとかで不発弾処理が毎日のように行われている。不発弾処理の作業手当(間違えたら死ぬん
です)が 5,200円/日。1日フルでやって。
 安倍政権になってようやく倍になって、10,400円になった。
 是非とも日本の政治家の皆さんに10,400円の手当を払ってあげていいから、不発弾処理の仕事を義務化
させたら いいんじゃないかと。
 体験をしてもらって、これだけ危ない状況で1日フルでやって、10,400円ですと。
 不発処理は、体力は 必要ない。普通の訓練は体力が必要で、体の不十な人とかご老人とかは参加できない
が 不発弾処理は、ご老人でも参加できる。

 現場の自衛官の人たちがどういうふうな状況で仕事をしているのかを知ることが、シビリアンコントロール。 現場を知らないで、コントロール出来ない。

  以下、省略